設立経緯

1.神戸市シルバーカレッジでの「パン業界に関する研究」

 「日本パン学会」設立のきっかけは、神戸市シルバーカレッジ 国際交流・協力コースシニア学生による「パン業界に関する研究」である。

 神戸市シルバーカレッジでは3年次にグループ毎にテーマを決めて卒業研究に取り組み、研究成果を論文にまとめる。2014年春に卒業した「パングループ」は、我が国におけるパンの歴史、パン業界の現況等について、パン業界経営者、パン技術者等への直接インタビューをも踏まえて調査・分析し、研究報告書「神戸・パン物語」をまとめ上げた。

 その過程で、パンに関する「メーカーサイドの研究組織」は優秀なものが数多くあるが、パンを学際的に研究する「学会」がないことが判明したため、学識経験者、パンメーカー、パン関連業界(機器、製粉、化学等)、消費者等を含めた「学際的学会」を設立することとした。

2.日本パン学会設立準備委員会の設立

2014年3月19日に、日本パン学会設立準備委員会を立ち上げ、事務所を芦屋大学楠本研究室に設置した。

(準備委員会メンバー)

委員長:合田 清(神戸学院大学名誉教授、工学博士(栄養生化学))

顧問:楠本利夫(芦屋大学客員教授、国際関係学博士)

事務局長:遠藤 久

事務局次長:楊 鎮華

3.日本パン学会発起人会の設立

2014年11年19日、日本パン学会の設立にむけて、日本パン学会発起人会(代表 合田 清 神戸学院大学名誉教授)を立ち上げた。

4.日本パン学会設立

2014年12月19日、日本パン学会設立。

5.設立総会

日時:2015年4月26日(日)13:00~14:10

場所:ホテルクラウンパレス神戸

  1. 開会挨拶(会長:合田 清 神戸学院大学名誉教授)
  2. 顧問挨拶
    • 顧問:新野 幸次郎 神戸都市問題研究所理事長 
    • 顧問:石毛 直道 国立民族学博物館名誉教授
    • 顧問:芹田 健太郎 京都ノートルダム女子大学学長
  3. 来賓挨拶(神戸市中央区長:田上勝清様)
  4. 決算・予算(常務理事:遠藤 久)
  5. 報告
    1. 「業界から見た日本パン学会」(副会長: 西川隆雄 全日本パン協同組合連合会会長)
      • パン業界の構造
      • パン業界の現況と課題
      • パン学会に期待するもの
    2. 「日本パン学会設立経緯」(副会長:楠本利夫 芦屋大学客員教授)
      • 日本パン学会設立経緯
      • 学際的学会としての日本パン学会
      • 日本パン学会の目指すもの
      • 「パン博物館」(仮称)設立構想

(進行:常務理事・事務局長 高瀬將郎)